読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュシャ展へ行く

国立新美術館

国立新美術館ミュシャ展へ行ってきた。

www.mucha2017.jp

f:id:tic40:20170312173713j:plain

アルフォンス・ミュシャ - Wikipedia

メイン展示は、スラヴ民族の神話、歴史を描いたスラヴ叙事詩。チョコ以外での公開は初とのこと。

入場して、いきなり6m x 8m という超巨大な絵画がでてきた驚いた。

ミュシャは花をモチーフにした割りとグラフィックデザイナーというイメージを持っていたので、こんな壮大な歴史画を残していたことは知らなかった。

スラヴ叙事詩は、壮大な歴史画といっても、どこかファンタジーっぽい感じがミュシャらしい。血や虐殺など、歴史画にとっては重要な画をあえて描かないのはデザイナーだなあ。

スラヴ叙事詩がメインではあるが、その他にもポスター作品や商業的な作品展示もある。 ポスターのデザインは100年以上昔の作品なのに今風というか、全く古臭さを感じないのがすごい。

残念ながらメイン展示の写真を撮ることはできないが、いくつか写真撮影可能なスペースもあったので撮影してきた。

f:id:tic40:20170312165043j:plain

f:id:tic40:20170312165030j:plain

同時に開催されている草間彌生展が超行列だったのに驚いた。 あのドットがそんなに観る価値あるんだろうか、自分はよくわからない。

ともかく草間彌生を観に行く人は、ミュシャ展にも行くべき。